top of page

サヤエンドウ

原産地は中央アジアから中近東 古代エジプトで既に栽培されていました。日本での本格的な栽培は、明治時代から。ビタミンC、A、B群、K、ミネラルに富む、緑黄色野菜です。もちろん、老化やがんの抑制に効果的なカロテンを豊富に含んでいます。加熱時間は短めがポイント。長時間加熱すると、ビタミンが壊れてしまうのと、歯ごたえが失われてしまいます。

連作を嫌うので、毎年場所を変えた方が収量があがります。

LINE_ALBUM_サヤエンドウ資料画像_240508_12.jpg

新鮮なサヤエンドウの見分け方

全体が緑鮮やかで、ハリとツヤがあるもの。白いひげに張りがあるもの。

豊富な栄養

ビタミンC:免疫力を高め、風邪の予防に効果的。サヤエンドウは、トマトの4倍の含有量です。

ビタミンB群:エネルギー代謝や疲労回復に効果的。

ビタミンK:カルシウムの吸収をよくする。骨形成に重要な働きをする。

食物繊維:整腸効果。血糖値の急激な上昇を抑える。

アミノ酸:うまみ成分のグルタミン酸、体組織を整え、修復を促すリジン等。

利用:さっと茹でて、そのまま温サラダに。炒め物、卵とじ、五目御飯等。

利用方法

さっと茹でて、そのまま温サラダに。炒め物、卵とじ、五目御飯等。

 

蒸し煮がおすすめ。

ビタミンCは水溶性の栄養素なので、蒸した方が効率よくビタミンCを接種できます。

 

油を使用する。

βカロテンは、油と相性が良いので、炒め物や、ドレッシング等、油分と一緒に食べると吸収率UP。

タンパク質と一緒に。
コラーゲン合成にかかるわるビタミンCは、タンパク質の組み合わせが◎。肌の健康を保つために必須の組み合わせです。

ファイベルジャパンのサヤエンドウは、良く耕したフカフカの土壌でお日様の光をたっぷり
浴びて育ちます。

サヤエンドウのダマコラム

botanical field guide

植物図鑑

農園でもおなじみの植物たち。

その一部の育て方やお料理での使い方をご紹介します。

bottom of page